はじめてED治療をされる方はこちら ≫

個人輸入について【ED治療薬】

個人輸入について【ED治療薬】 個人輸入について
この記事は約3分で読めます。

個人輸入について【ED治療薬】

個人輸入について【ED治療薬】

個人で海外の販売会社やメーカーなどから商品を購入することを、個人輸入といいます。

個人輸入は、日本で購入するより海外で購入するほうが安いなどの理由から、個人輸入を利用する方は日々増加しています。

通常、医薬品を海外から輸入するには厚生労働大臣の許可が必要となります。
しかし個人で使用する場合に限り、個人輸入は、厚生労働大臣の許可は必要なく法律で認められています。

日本で処方箋が必要な医薬品であっても、海外からの個人輸入であれば処方箋は必要ありません。

ただし、服用の際は医師または薬剤師へ相談の上、行ってください。

輸入代行について

輸入代行について

日本で個人輸入を行う場合は、個人輸入の代行会社に注文をして代行手続きをします。

※輸入代行業以外の責任を負う事はでき兼ねます。
※商品は、お客様の自己責任の元、ご利用ください。
※第三者に譲渡したり転売することは、法律で禁じられています。
※心臓病や高血圧の方、妊娠中の女性の方は飲まないで下さい。

個人輸入の流れ

個人輸入の流れ

個人輸入をする際の一般的な流れは、以下の通りです。

①注文者様がWebサイトで希望の商品を注文します。
②代行会社が、現地の配送元へ商品の発注配送手配を行います。
③商品が現地から発送されます。配送方法は、国際通常書留郵便ですのでインターネット上での荷物追跡が可能です。
④日本に到着後、税関審査を受けます。(通関を考慮して配送手配が行われるため注文者が直接手続きする必要はありません。)
⑤商品が郵便局より手元に届きます。(郵便局留めも可能)

個人輸入の場合、一般的な日本の通信販売やネット販売とは、下記の点が異なります。

※商品が手元に届くまで時間がかかります(発送から最短で5日最長で14日)。
※商品が海外から送られる関係上、代引き決済ができません。
※個人輸入のため、個人使用目的のみ購入が可能です。転売は禁止されております。

個人輸入のメリットとデメリット

個人輸入のメリットとデメリット

メリットのたくさんある個人輸入ですが、デメリットがあることも事実です。個人輸入は、デメリットも踏まえたうえで、賢く利用したいものです。

個人輸入のメリット

・入手しにくい品物が手に入る。
・家にいながら買い物ができる。
・比較的安価である。
・海外の商品のため、消費税がかからない。

個人輸入のデメリット

・実物を見ることができない。
・入手まで時間を要する(発送から最短で5日最長で14日)。

個人輸入の注意点

個人輸入の注意点

医薬品(医薬品、医薬部外品、化粧品など)は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用目的に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

医薬品等の個人輸入は、条件を満たせば法律的に問題なく行うことができます。 輸入者本人が使用するものであることを証明するため、輸入には、規定個数の目安があります。

輸入個数の目安

輸入個数の目安

・外用薬 標準サイズで1品目24個以内
・処方せん薬 用法用量からみて1か月分以内
・その他薬 用法用量からみて2か月分以内
・使い捨てコンタクトレンズ 2か月分以内

注文数が多い場合は、一度決済を行い2回に分けて配送します。
参考ページ:厚生労働省ホームページ「医薬品等の個人輸入について」

個人輸入についてのまとめ

個人輸入についてのまとめ

個人輸入は、しっかりと用法用量を守り、無理のない範囲で使用しましょう。

もしも、体調に影響が出た場合は、即使用をやめて専門医に相談しましょう。

個人輸入代行会社MEDICOMはこちら

お試しセットはこちら

16,000円相当→4,980円! ED治療薬4種類のお買い得セット第4弾。バイアグラ系、レビトラ系、シアリス系、ステンドラ系の人気ジェネリック薬をお得にお試しいただけます。各種、特徴が違うので自分に合う薬を選択できます。EDで悩むより一度試してみる価値あり!

タイトルとURLをコピーしました